生活 / LIFE

Wise(旧TransferWise)で海外から日本へ送金する方法

2019年9月30日

海外赴任や留学で困るのが海外送金ですね。
「やり方がよくわからないし手数料も高そう」という方にはWiseがオススメです。
Wiseは送金元と送金先のそれぞれの国の中でお金のやり取りをするため、実際にお金が国をまたぐことはありません。
したがって手数料も安く、しかもネットで簡単に手続きができます。
TransferWiseの仕組み

Wiseの手数料の安さ、利便性はいろんなサイトで詳しく解説されていると思いますので、ここでは省略して一つ一つの手順を分かり易く説明します。

私が実際にアメリカから$9,000を送金した時は、手数料が合計$68.60、日数は合計11日(最短1週間程度)かかりました。
確認の電話などはなくとてもスムーズで簡単でした。
それでは早速、用意するものと送金の手順を説明していきます。

用意するもの

  1. 送金先の口座情報
  2. 送金元の口座情報(送金手続きをするためオンラインバンキングを推奨)
  3. いづれかの身分証明書
    • パスポート(顔写真のページ)
    • 公的な身分証明書
    • 顔写真付き運転免許証
    • Social Security Number(米ドルを送金の場合)
    • マイナンバーカード(日本円を送金の場合)

手順①:会員登録

◆以下のリンクからWEBページに移動する

Wise - Create account
Wise - Create account

Banks charge a lot for overseas transfers. We don't. Transfer money abroad easily and quickly with o ...

wise.com

※上記のリンクから手続きを行うと、お友達紹介特典として$500の送金に必要な手数料が無料になります

◆右上の会員登録をへ進む

◆メールアドレス、任意のパスワードを入力し、Sing upで登録を行う
パスワードはアルファベットと数字の両方を含み最低9文字

◆入力したアドレスに確認メールが来るので、本文のConfirm my email addressで承認する
◆確認完了となるので続行

手順②:送金内容入力

Send moneyへ進む

◆プルダウンメニューから送り元(上段)と送り先(下段)の通貨を選択する

◆送金する額を入力してContinueで次の項目へ移動する
金額が日本円で100万円以上になる場合は別途海外送金手数料がかかる

◆個人の銀行口座から送金する場合はPersonalを選択する
◆氏名、生年月日、電話番号、住所を記入してContinueで次へ移動
◆送金先が自分名義の口座ならMyself、自分以外の個人ならSomeone else、会社名義または募金ならBusiness or charityを選択する
受取人は5営業日以内にメールアドレス宛に送られる送金確認を許可する必要がある

◆口座名義(アルファベットかカタカタ)、金融機関名、店名、預金種目、口座番号を入力してContinueで次の項目
◆本人確認を行う
アメリカからの送金でSocial Security Numberを持っている場合は上段を、持っていなければ下段を選択して本人確認を完了させる
Social Security Numberの他にパスポート、公的な身分証明書、顔写真付き運転免許証等で本人確認ができる
◆送金内容と送金先が間違いなければ、枠内にチェックマークを入れてConfirm and continue

◆手数料が安いWire transferを選択し、Continue to paymentで次へ
国内への送金は通常Bank debit (ACH)の方が安いが、海外送金の場合Wire transferの方が安くなる場合がある

◆送金元となる金融機関を選択する
◆個人名義の場合はPersonal account、共同名義の場合はJoint accountを選択する
さらにOnline bankingを選択してContinue
オンラインバンキングが利用できるよう事前に登録しておく

◆Wiseの振込先情報が表示されるため、スクリーンショットなどで振込先をメモして、その後すぐに振込を行う場合はI'll do this right nowで次へ
(振込先はActivityView transfer detailsSave as PDF でも参照可)

◆送金内容の入力は完了したため、Go to my accountで一度アカウントトップページへ戻る

手順③:送金手続き

⇒各金融機関のオンラインバンキングへログインして送金手続きを行う

Bank of Americaから送金する場合の例

◆以下のリンクからWEBページに移動する

◆オンラインバンキングへログインして、Transfer|Zelle®At another bankへ進む

◆TranserWiseの口座を登録するためAdd Account/Recipientのタブへ切り替える
メモしておいた口座情報と、本人確認のためのクレジット/デビットカード情報を入力しAdd Accountで登録は完了する

◆次に送金の手続きを行うためMake Transferのタブへ切り替える

◆先ほどWiseのサイトで設定した金額を入力するが、$1,000.00より大きい場合SafePassに登録しなければならない

SafePass
テキストメッセージで送られてくる6桁のワンタイムコードによる追加認証システム

Sign up for SafePassで設定へ移動する

◆続いてAdd SafePassで次へ

◆登録してある携帯電話の電話番号、または手元にある他の携帯電話の番号を選択、入力しContinueで進む

◆選択したデバイスにチェックを入れた状態でContinue

◆本人確認のためクレジット/デビットカード情報を入力してVerifyで確認

◆携帯電話番号のセキュリティ強化のため、Send codeで6桁のコードを携帯電話へ送るそれを10分以内に入力し、承認されたらPlace Orderで完了

◆SafePassへの登録は済んだため、再びTransfer|Zelle®Using their account number at another bankへ進み、Make Transferのタブに切り替える

◆上から送金元のアカウント、送金先(Wise)のアカウント、目的に応じた送金時間を選択し、送金額を入力、頻度(数か月に1度程度ならOne time, on...)を選択する

そしてWiseへの送金依頼と依頼者からの入金を照合するために、Descriptionにメモしておいた振込先情報の中のUse this referenceの項目を入力する

さらにSend SafePass Codeから承認を行い、Continue Transferで次へ進む

◆内容に間違いがないことを確認しMake Transferで送金を確定する

◆送金手続きは完了
Wiseから入金が完了したことを知らせる連絡を待つ

手順④:入金確認

◆為替レートは送金手続きを行ってから24時間まで保証されているが、それを過ぎた場合新しい為替レートで処理される
以下のような承認のメールが送られてくるため、Review exchange rateで新たな為替レートを確定し送金を継続する
◆Wiseで入金が確認されると、自動的に依頼者が指定した口座への送金の手続きが開始される
送金手続きが完了したことを知らせる以下のようなメールが届く

◆3日ほどで指定した口座への入金が完了する

-生活 / LIFE

© 2022 上司がアメリカ人ブログ Powered by AFFINGER5